オトナ女子必見!話題の「デカフェ」で得られる美容効果♡

何気なく入ったコーヒーショップなどで、「デカフェ」
という文字をよく目にしたことはありませんか?

そんな「デカフェ」。
ただカフェインが少ないだけじゃないんです!
ここまで種類が増えているのはちゃんと理由があります。

それは、美容効果です!!

そこで今回は意外と知られていないデカフェの効果と、商品についてみていきましょう。

1、デカフェとはなにか

1-1 デカフェとは

デカフェとは「decaffeinated」の略です。
デカフェ(decafe)の「de」には「脱・抜く」という意味があり、もとはカフェインの含んでいるコーヒーからカフェインを取り除いたものをいいます。

現在使用されているカフェインの除去方法は4種類あります。

  1. 直接有機溶剤に入れて除去
  2. 間接的に有機容器を使って除去
  3. カーボンフィルターを使って除去
  4. 超臨界二酸化炭素で除去

1と2は塩化メチレンや酢酸エチルといった有機溶剤を使って除去する、安価でできます。

3はスイスウォータープロセスと呼ばれる方法で化学物質を一切使いません。

4は超臨界流体という状態にした二酸化炭素で除去する方法です。

この4つの方法の中で現在日本で多く行われている方法は4の方法です。この方法は健康を害する心配が少ないことと、飲み物の本来の味は風味を損ないにくいことから採用されています。

デカフェの定義

EUの基準は99.9%以上カフェインを除去した場合にデカフェと呼ぶことができます。

日本には基準はありません。

1-2 デカフェ・カフェインレス・ノンカフェインの違い

「カフェイン少なめ」
という表記がある商品でも、デカフェというものとそうでない商品名のものがあります。

この違い、なんなのでしょうか?

デカフェ

上記でも説明しましたが、100%カフェインを除去したものはありません。

ほんの少し、カフェインが含まれるものです。

カフェインレス

こちらもデカフェと同じように100%の除去はされていません。

カフェインが少し含まれているものです。

ノンカフェイン

こちらはカフェインが全く含まれていないものです。

これだけ見ると、デカフェとカフェインレスの違いがいまいちわかりませんね。

デカフェはカフェインを含むものからカフェインを除去したものでしたが、カフェインレスはもとからカフェインが少ないものをいいます。

またカフェインレスはデカフェとは違って、0に限りなく近くカフェインが少ないものをさします。
上記の基準をもとにするとカフェインの量が0.1%以下の商品ということになります。

2、デカフェの効果とは

デカフェがどのようなものかわかったところで、デカフェの効果についてみていきましょう。

日々の生活の中で、コーヒーや紅茶などカフェインの含まれている飲み物をどれくらい飲んでいますか?
緑茶や麦茶などカフェインの含んでいる物は様々な種類があるので気づかないうちに摂りすぎてしまいがちなんです…。

カフェインにはダイエット効果やリラックス効果、さらに記憶力の向上などメリットはたくさんあります。
しかしその反対に胃への負担や睡眠の質の低下などデメリットも多く挙げられているのです。

さらにカフェインは摂取しすぎると依存してしまい中毒をおこすこともあります。

そこで最近注目されているのがカフェインレス生活なのです。
そして、カフェインレス生活を手助けするのがデカフェなのです。

2-1 カフェインレス生活のメリット

カフェインを摂りすぎた生活から、カフェインレスの生活に変えると以下変化ががあげられます。

  • 睡眠の質の向上
  • 胃腸の調子がよくなる
  • 精神が安定する
  • 頭痛が収まる
  • 身体がすっきりする
  • PMSの改善
  • 冷え性の改善

なんとなく体調が悪いけど、原因がわからない、というのはカフェインが原因なのかもしれません。

2-2 デカフェによる美容効果

適度なカフェインの摂取を可能にするデカフェには美容効果が多くあります。

アンチエイジング効果

コーヒーに含まれているポリフェノールには抗酸化作用があります。
この作用は老化の原因となる活性化酸素を除去してくれます。

美肌効果

抗酸化作用は肌の酸化を防ぐので、ニキビやシミの予防にも効果があります。

ダイエット効果

カフェインは脂肪の燃焼を助けてくれます。
しかし、飲みすぎると逆に成分が多すぎて太りやすくなってしまうので適度な量を意識しましょう。

3、コンビニで買えるデカフェ

デカフェというと手に入れにくいようですが、コンビニにもたくさんの商品があります。

ローソン マチカフェ

出典:ローソン

ローソンのマチカフェはコンビニで初めてのカフェインレスコーヒーです。

化学物質を使用しない方法で、カフェインを97%以上カットされています。
ローソンのコーヒーならではのコクと香り、やさしい口当たりが特長だそうです。

ファミリーマート

出典:ファミリーマート

1カップ108円で購入でき、手軽に飲むことができます。

このファミリーマートのシリーズは種類が豊富で人気を集めています。

ここではそのコンビニでしか販売していないものを紹介しましたが、他にもどのコンビニでも購入できるペットボトルの商品も多く展開しています。

4、自宅で楽しむデカフェ

ディカフェ ハウスブレンド /スターバックス

出典:スターバックス

ディカフェ ハウス ブレンド 250g 1,240円

スターバックスの味が自宅でも楽しめます。

このディカフェ ハウスブレンドは、ナッツやココアの味わいが特徴で、スターバックスローストによって引き出された香りやコク、かすかな甘みなどが楽しめるコーヒーです。

有機 デカフェ エチオピアモカ /カルディ

出典:カルディ

有機 デカフェ エチオピアモカ/200g 1,080円

酸味より苦みが強く、深い味わいが楽しめます。

ドリップコーヒー カフェインレスコーヒー 70g /無印良品

出典:無印良品

ドリップコーヒー カフェインレスコーヒー 70g(7g×10袋)450円
無印良品の品質にこだわったコーヒーが楽しめます。

レギュラー・コーヒー やすらぎのカフェインレス /ブレンディ

レギュラー・コーヒー やすらぎのカフェインレス

コクが深く、甘い香りのカフェインレスコーヒーが楽しめます。
このシリーズはドリップコーヒーや、スティックのタイプもあるので生活スタイルに合わせて選べます。

ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス 80g /ネスカフェ

出典:ネスカフェ

ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス 80g 1,011円

この商品はネスカフェのゴールドブレンドの味をそのままに楽しめます。

この商品も、サイズやスティックなどタイプを選べます。

5、まとめ

いかがでしたか?

コーヒーショップなどでみかける「デカフェ」、健康と美容に効果があることがわかりました。

普段何気なく飲んでいるコーヒーやお茶のような飲み物、カロリーだけでなくカフェインも気にして選んでみてください。

1日のカフェインの摂取量は400(約5.7mg/kg体重/日)とされていますが、この量には個人差があります。
カフェインにたいする感じ方もお酒と同じように影響を受けやすい人とそうでない人がいます。
強いからといって多く摂取していいわけではありませんが、自分の体質にあわせて調節するようにしましょう。

カフェインとうまく付き合うストレスフリーな生活で美容効果は高まります。
意識して綺麗になりましょう♡

 

The following two tabs change content below.
石丸 莞那

関西学院大学2年生 / TeamKJ 所属 / Kawaii Girls Media 編集長(ライター)