【ディズニーハロウィン】私服で出来るコスプレのポイント !

夏も終わりに近づき、いよいよハロウィンの季節がやってきます!
ハロウィンといえばみなさんは何を思い浮かべますか?
仮装、お菓子、ハロウィンパーティー、などいろいろありますよね。

そのなかでも今回は仮装について紹介したいと思います。

この数年でハロウィンの醍醐味は仮装になってきているような気がします。

しかし、仮装をしてみたいけど、ハードルが高いなぁと感じている人もまだまだ多いのではないでしょうか?

関連記事:手持ちコスメで簡単にできるハロウィンメイク!

そこで、今回はそんな人でも気軽にチャレンジしやすい、テーマパーク(東京ディズニーランド、東京ディズニーシー)でできる私服を使用したディズニーキャラクターの仮装をご紹介します。

1.ミニーちゃん
2.プーさん
3.マリーちゃん
4.ダッフィー
5.シェリーメイ
の仮装を紹介していきます!

1.ミニーちゃん

『蒸気船ウィリー』に登場するマウス。おしゃれが大好きで大きなリボンをつけた姿が印象的。

まずは定番のミニーちゃんです。

ミニーちゃんのイメージカラーといえば黒と赤です。

また、大きなリボンも特徴的ですよね。今回は大きなリボンをディズニーランド・シーで売られているカチューシャを使用して表現しました。ミニーちゃんのカチューシャは種類が豊富に取り揃えてあります。なので大勢で仮装をする際にはそれぞれイメージカラーを選んで楽しむこともできます。手軽に使える仮装のアイテムの1つなので、ぜひ自分好みのカチューシャを見付けてみてください。

そして、ボトムスをスカートにすることもミニーちゃんの女の子らしさを出すポイントです。

このイメージカラー、リボン、スカートの3つをおさえるだけで、ミニーちゃんらしさが出せます!

もっと完璧に再現したい方は足元に黄色を取り入れてみてもいいかもしれません。

2.プーさん

『プーさんとはちみつ』に登場するのんびりやのくまのぬいぐるみ。とても食いしんぼうで、はちみつが大好き。

2つ目はプーさんです。

プーさんのイメージカラーは赤と黄色です。このイメージカラーの2色を使うだけでプーさんにぐっと近づくことができます。

トップスを赤色、ボトムスを黄色にするとプーさんと同じ色のバランスになります。

しかし、私服で黄色のボトムスを持っている!という方は少ないかもしれません。
でも、この秋流行りのマスタードイエローなら手軽に取り入れることもでき、普段使いもできるのでオススメです。

また、丸っとした体型もプーさんの特徴です。ボトムスをロング丈のものではなく、丈の短いスカートや短パンにすることで、よりプーさんらしさが表現できます!

3.マリーちゃん

『おしゃれキャット』に登場する子ネコ。白い毛の愛らしい雌ネコで、ピンクのリボンをつけている。

3つ目はマリーちゃんです。

マリーちゃんのイメージカラーといえばピンクと白です。

また、女の子らしく可愛くて上品な印象があります。

ひざ下のフレアスカートやレースの素材のものをチョイスすることでこの印象を表現できます!

さらに、ピンクを淡い色にすることで、より一層マリーちゃんらしくなります。

今回は使用しませんでしたが、ピンクのリボンがあればさらにマリーちゃんに近づくことができるのではないでしょうか。

 

4.ダッフィー

航海に出るミッキーマウスが寂しがらないようにと、ミニーマウスがプレゼントしたテディベア。

4つ目はディズニーシーでしか会うことができない、大人気のキャラクター、ダッフィーです。

ダッフィーのイメージカラーはブラウンです。

今回はロング丈のスカートにしましたが、スカートではなくパンツに変えることで男の子の雰囲気にもすることができます。

これだけでも十分にダッフィーに近づくことができますが、もう少しこだわって再現していくならダッフィーの素材感に着目してみましょう。実際のダッフィーは生地の手触りや抱き心地にまでこだわって作られており、ふわふわ感のあるものになっています。なので、モコモコのボア生地が使われているものや、ニット、ファーなどの素材のものを取り入れるとよりいいと思います。

 

5.シェリーメイ

ダッフィーのお友達。女の子のテディベア。

5つ目はダッフィーのお友達シェリーメイです。

ダッフィーはブラウンで表現しましたが、少し薄いブラウンやくすんだピンクにすることでシェリーメイの雰囲気が作れます。

また、シェリーメイになりきれるカチューシャも販売されています。こちらもとっても可愛いのでぜひチェックしてみてください。

東京ディズニーシーではダッフィーやシェリーメイのぬいぐるみを抱っこしてパーク内を歩いている人もよく見られます。パーク内にはぬいぐるみを置いて写真撮影ができるフォトスポットが今はハロウィン仕様になって設置されています。ただ仮装をするだけでなく、このような楽しみ方もすることができます。

お友達同士やカップルでダッフィーとシェリーメイの仮装をして仲の良さをアピールしてみてはどうでしょうか。

いかがでしたか?

今回は定番のキャラクターを紹介しました。このほかにハロウィンならではのキャラクター、マレフィセントやアースラ、ウィックド・クイーンといったディズニーヴィランズと呼ばれる悪役たちもオススメです。

キャラクターのイメージカラーや雰囲気をつかむだけで、私服でも簡単に仮装ができます。

私服なら仮装に少し抵抗のある人でもチャレンジしやすいうえに、普段使いもできるのでお財布に優しく気軽に手を出せるのでオススメです。

◎イベント情報

そして9月8日(金)から10月31日(火)まで東京ディズニーランドと東京ディズニーシーではハロウィンイベントが開催されています。

20周年の今年は、いつもより特別な企画が用意されているのです!

この期間中にディズニーキャラクターの仮装をしていくとオリジナルカードのプレゼントがあります。パーク内で仮装写真を撮る際のオススメ撮影ポイントなどの情報がつまったカードになっているらしいです。

また、「ディズニー仮装デイズ」というものが存在します。これはハロウィンイベント開催の55日間を4つの期間に分け、その期間ごとに仮装のテーマが決まっているというものです。ディズニーキャラクターといってもたくさんありすぎて何にするか迷うなぁと思っている人はぜひ「ディズニー仮装デイズ」に合わせてキャラクターを選んでみてください。

9月8日(金)~9月21日(木)ディズニープリンセス
9月22日(金)~10月5日(木)ピクサーフレンズ
10月6日(金)~10月19日(木)ディズニーヴィランズ
10月20日(金)~10月31日(火)ミッキー&フレンズ

参考:http://www.tokyodisneyresort.jp/special/halloween2017/dressup/days.html

そして、ハロウィンイベント開催中はパーク内に仮装のための着替えスペースも用意されています。
【開園1時間前~閉園時間(22:00)】
家から仮装していくのは勇気がいるなぁと感じている人にも、パーク内に着替えスペースがあるのでとても便利です。

このほか、仮装についてのルールもあります。

詳しくはこちら→http://www.tokyodisneyresort.jp/special/halloween2017/dressup/rule.html

ルールを守って仮装をし、ハロウィンイベントを楽しみましょう!

みなさん、夏休み最後の思い出に仮装をして、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーに行ってみてはどうでしょうか。