【レポ】女子大生でもできる!初心者も楽しめるパン教室に行ってみた

みなさんはパン教室と聞いてどのような想像をしますか?

一生懸命に生地をこねたり、真面目に堅苦しくパンの作り方を習うものというイメージをする方が多いですよね。

そんなパン教室ですが、奈良に疲れることなくオシャレで優雅に楽しむことのできるパン教室があるんです。

その名もMOCO‘a tableです!

優しい先生が最上級のおもてなしをしながら教えてくださいます。

今回はそんなMOCO‘a tableの紹介をしていきたいと思います。

 

MOCO’a tableの紹介

場所とレッスン時間と授業料

MOCO’a tableは奈良県の生駒市にあります。

自宅サロンでのレッスンとなっているので、詳しい住所が伝えられるのは予約が完了してからになります。

レッスン時間は10時半から14時半までです。

授業料は1人7000円と少しお高めですが、それでもいつも予約はいっぱいです。

それほど満足度が高く、リピーターの方が多いということです!

6人1組で申し込むのでお友達と楽しくパン作りを学ぶことができます。

先生の運営なさっているMOCO’a tableのサイトではより詳しい情報が載っているので確認してみてください。

もし興味を持っていってみたいなと思った方はmoco.a.table★gmail.comにご連絡ください。

迷惑メール防止のため★を@マークに変えてください。

 

テーブルコーディネート

そもそもお庭がメルヘンチックであまりの可愛さにびっくりしたのですが、お部屋に入ってさらに衝撃を受けました。

今まで見たことがないくらい素晴らしいテーブルコーディネートがなされていたんです!!

お城でお姫様が食事するようなテーブルでした!

MOCO’a tableでは1ヶ月ごとにパンのレッスン内容が変わります。

そして、それに合わせてテーブルコーディネートも変わります。

お皿もグラスも先生が毎回こだわってお選びになり、美しく並べられます。

こんなオシャレなテーブルでレッスンの最後には食事できちゃいます。

 

 

ウェルカムドリンク

先生のおもてなしはテーブルコーディネートだけではありません。

レッスンの前にウェルカムドリンクで歓迎してくださいます。

6月のドリンクはリンゴのスパークリングでした。

スパークリングで歓迎してもらえるパン教室なんて聞いたことなくて感動でした(笑)

 

 

 

レッスン

パン作り

今回のレッスン内容はキャラメルナッツロールです。

先生の指示に従って楽しくおしゃべりしながらパンを作っていきます。

ちなみにレシピは口外してはいけないので割愛いたします。

私は今までパン作りをしたことがなく全くの初心者だったんですが、とても丁寧に教えていただきました。

ちょっと間違えていても「上手にできてるよ~」と言いながら先生が横から手直ししてくださいました。

先生は褒めてのばしていく主義の方なのでパン作りに自信がつきます(笑)

すぐに休憩をはさんでいただけるので疲れてしまってもう帰りたい・・・なんてこともありません!

オーブンで焼き上げるとパン屋さんで売っているような本格的なパンが!!

ローストされたナッツがふんだんに使われていて、食べ応えバッチリです。

キャラメルソースも先生お手製のものでナッツとの相性は抜群です!

自分で作ったパンはお土産に持ち帰れます。

 

 

ラッピング

最後に焼き上げたパンをラッピングして完成です!

両端を黒のリボンでぎゅっとくくります。

キャンディみたいでとってもキュートな仕上がりに!!

家族やお友達へのお土産にすれば喜ばれること間違いなしです!

 

 

 

 

ランチとアフタヌーンティー

手作りランチ

パン作りの後は先生が手料理を振舞ってくださいます。

 

豪華な食器と雰囲気で高級レストランに来たかのような気分を味わえます!

今回のランチメニューは

・季節のフレッシュサラダ ~自家製キャッロットドレッシングを添えて~

・冷たいトマトのクリームスープ

・赤ワインでじっくり煮込んだミートソースのスパゲッティ

です。

先生は料理教室を開いてらっしゃったこともあり、お料理は本当にお上手で美味しいんです!

毎月メニューは変わるので、何度行っても新しいお料理に感動できちゃいます。

 

アフタヌーンティー

食事が終わってお腹いっぱいになったら、次は優雅にティータイムです。

・キャラメルナッツロール

・マチェドニア

・ストロベリーティー

をいただきました。

 

 

キャラメルナッツロールはティータイム用に先生がお作りになったものです。

アフタヌーンティーではゆったりとした時間を楽しめます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

少しお高いですが、こんなに素敵な体験ができるなら行ってみたいと感じていただけましたか?

ぜひ一度は行ってみてください!

The following two tabs change content below.
植田ひかり